【ちゃんと脚を伸ばして寝られてますか?】寝るときに足が浮いてしまうお客様

腰部脊柱管狭窄症の診断を受け脚の痺れにお悩みのお客様。

仰向けで寝ると明らかに膝がベッドから浮いてしまっており、腰も浮いているため下腹部がぽっこり出ておられました。

これは大腰筋という背骨から脚の付け根に付着している筋肉の硬さによるもので反り腰や股関節の痛みの原因となりやすいです。

治療後は楽に脚を伸ばせるようになりお腹も引っ込んでいるのがわかるかと思います。

股関節と背骨の関係性はとても重要で、腰痛を訴える方の多くが股関節に問題を抱えています。

せっかく寝るなら疲れを取りやすい状態で眠りたいですよね♪

お悩みの方はお気軽にご相談ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA