デスクワークで右腕が痺れるのは”なで肩”が原因だった!

「手の痺れ=首」というイメージが強いですが、実際はそうでない事も多いです。

こちらのお客様も腕〜手の痺れがあり病院で首のレントゲンとMRIを撮っても問題が無く、湿布と薬のみ処方されたとのことでした。

今回のケースでは小胸筋という筋肉が痺れの引き金になっていました。

この筋肉が硬くなると左の写真のように、いわゆる『なで肩』になってしまいます。

もしあなたの周りでなで肩で手のしびれがある方がおられたら教えてあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA