目を閉じるとフラフラする人は転倒し易いので要注意!

『目を閉じて立つとフラフラする』

身体のバランスを保つのに視覚情報に頼り過ぎていると、目を閉じた時にフラフラしてしまいます。

そもそも人は絶えず小さく揺れているのですが、それを体中の様々なセンサーで素早く感知しています。

そのセンサーの働きが鈍ってしまうと、フラつきの原因となります。

高齢者が転びやすいのもこのためです。

このセンサーの働きを高めるアプローチをした後(右の動画)ではフラつかずに立てるようになられました♪

皆さんもちゃんと立てるか1度試してみてはいかがでしょうか😁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA