扁平足って筋トレだけで治るの?治療の考え方について

 

扁平足って筋トレで治るの?

結論から言いますと、それだけでは良くならない方がほとんどです。

そこで、当店の扁平足に対する治療の考え方について説明していきます。

扁平足の方の特徴について

扁平足の方の特徴

足の内側縦アーチ(土踏まず)が潰れている

足部は外転(つま先が外を向いた状態)

踵が内側に傾いている

足の関節の位置がずれている

この状態で関節が固まっている方が非常に多いです。

一般的に多く知られている治療・トレーニング

後脛骨筋長趾屈筋を鍛える筋トレ。土踏まずにパッドを挿入してアーチを作る。

このような事が一般的に言われています。

 

しかし、先ほど説明したように、扁平足の方の多くが関節が固まっています。

 

その状態で筋トレをして扁平足がよくなるでしょうか・・・

関節が固まった状態では、いくら筋トレをしてもなかなか良くならないのが現状です。

では、何をしていくのか。

まずは固まった関節の動きをしっかり出していく必要があります。

次に、足関節の位置を正しい位置に戻す事から始めていきます。

 

しかし、土踏まずが潰れた状態で関節が固まってますので、足の関節を正しい位置に戻すと、母趾球が浮いて床につける事が出来ないのです。そこでしっかり内側のアーチが作れるように関節の動きを出していきます。

そして、足の関節を正しい位置でキープし、その状態で内側のアーチを保ったまま母趾球を床につける練習から始めていきます。

 

これができるようになってきたら、足の裏にある内在筋を使ってアーチが保持できるようにトレーニングをしていきます。

まずは体重をかけずにトレーニングを開始し、そこから徐々に体重をかけてもアーチをキープできるようにしていきます。

実際の扁平足の方の治療結果

運動前後の変化がこの写真です。

正面からなのでパッと見わかりにくいかもしれませんが、ここのビフォーとアフターの一番大きな違いは親指の位置です。

ビフォーではアーチが下がっている分、親指と人差し指の間が離れて「ベタっとした状態」になっています。

一方アフターはアーチが高まったため、 親指と人差し指の間の感覚は高まり、土踏まずのある縦アーチだけでなく指の付け根の横アーチもうまく働くようになっています。

まとめ

いきなり筋トレをするのではなく、まずは固まった関節の動きを出していく。

そして足の関節を正しい位置に戻す。というような事が必要になってきます。

しっかり段階的に治療を行っていく事が大事になります。

実際に治療場面を別な動画で一部公開していますので、

そちらの動画もご覧になってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA