膝の内側の痛み【根本的な原因は膝にはない】

膝の内側の痛み【原因のほとんどが膝の捻れ】

膝関節の内側の痛い方は、ほとんどが膝の捻れによるストレスです。

膝が捻れることによって、膝の内側の組織に炎症などを生じていることが多いです。

膝の捻れがなぜ起きてしまっているのか。膝が捻れてしまう原因をしっかり治療していかなければいけません。

膝の捻れの原因は色々あります。そもそも膝関節は股関節と足関節の間にある関節であり、股関節と足関節の影響を大きく受けます。また、背骨の柔軟性が低いことによっても、膝を捻らなければいけない状況を作ってしまいます。

その為、単に膝が痛いから膝周りをマッサージ・電気治療・湿布などをしたところで、膝の痛みは解決しません。

なぜなら、膝の痛みの根本的な原因は膝にはない事が多いからです。

姿勢の歪み

そして多くの方が姿勢に歪みがあります。

姿勢は歩行にも影響を及ぼし、姿勢が歪んでいると、その姿勢のまま歩き出してしまいます。

また、膝の痛みを庇い続けた結果、姿勢に歪みが出て、腰痛や肩こりなど他の問題にも繋がってしまう場合もあります。

最後に

山口 孝太郎
当店は膝の痛みで来店される方が多く、電気治療や湿布・痛み止めを渡されて、「後はこれで様子を見ましょう」と言われてきた方々がほとんどです。

様子を見ましょうとは、手術する時がきたら手術をしましょうと言っているように聞こえます。手術をしなくても、しっかりリハビリで改善していく方々も多いです。まだ大丈夫と我慢し続けると、その我慢した分だけ治療にも時間がかかります。早めに治療する事で、手術を回避する事はできます。

膝の痛みでお困りの方や、周りにそのような方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA