【膝痛の原因第1位はこれだ!】その対処法と治療の考え方

【膝痛の原因第1位】膝蓋下脂肪体の緩め方と治療の考え方

膝蓋下脂肪体とは?

膝蓋下脂肪体は図で示すように、膝のお皿の下に多く存在する脂肪のことを言います。

これは、ゼリー状のようなもので、膝の隙間を埋めるような役割があります。

この膝蓋下脂肪体は、膝を伸ばした時に前に出てきて、曲げていくと奥の方に入り込んでいきます。

膝蓋下脂肪体には痛みを感じるセンサーが多く存在する

これは、膝の組織の中でどの組織が痛みを感じやすいか、痛みを感じるセンサーが多く存在しているのかを調べた研究結果です。

色が黒くなるにつれて痛みを感じやすい組織になります。

一番黒い部分がまさしく膝蓋下脂肪体になります。

このことから、膝蓋下脂肪体は膝の組織の中でも、一番痛みのセンサーが多く存在し、その分痛みも一番感じやすい組織であると言えます。

膝蓋下脂肪体の緩め方は?

動画で詳しく説明しているので、そちらをご視聴ください(^ ^)

治療の考え方

そもそも膝蓋下脂肪体を緩めるだけでは、その場の痛みは改善されても、

膝痛の根本的な解決にはなっていません。

なぜなら、膝蓋下脂肪体が硬くなる原因をしっかり治療しなければ、また膝蓋下脂肪体の痛みを再発してしまうからです。

膝蓋下脂肪体が硬くなる原因は?

正直、はっきりとした原因は、未だ分かっていません。

しかし、仮説としてオーバーユースメカニカルストレス(運動学的異常等といった膝にかかるストレスによって硬くなっている方が多いです。

根本的に膝痛を改善させるには?

その為、膝痛の根本的な治療というのは、正しい膝の使い方や日常生活での動作パターンを正常に近ずけ、膝に対するストレスを軽減させていかなければいけません。

ここが物凄く大切です!

痛みが取れたから良かった!で済ませているとまた同じことの繰り返しです。

 

正しい動作パターンを学習し、日常生活において意識しなくても、膝にストレスのかからない動作を体に染み込ませていくことが、膝の痛みを根本的に改善させる上で大事なことだと思います。

最後に

山口 孝太郎
今まで多くの膝痛で悩まれている方を治療してきましたが、

その多くが、痛み止めや湿布、マッサージ等を受けて来られた方ばかりです。

そして当店へ来られる方々がよく言われるのが、

「湿布貼っても、電気流しても、マッサージだけ受けても良くならないですよ」

とこのような治療だけ受けても良くならないと理解している方がほとんどです。

膝の痛みは、本当に酷くなればなるだけ、治療への時間もかかりますし、

最悪手術という選択肢しか無くなってしまうことも事実です。

決して脅している訳ではありません。病院勤務時代に、膝の手術された方々から

「もっと早くリハビリしておけば・・・」「もっと早く出会っていたらね〜」

という声をたくさん聞いてきました。だからこそ、そのような方を少しでも減らしたいと思っております。

まだ大丈夫ではなく、早めの治療をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA