【脚の痺れでお悩みのお客様】脊柱管狭窄症の手術を3回経験。

【悩みを過去の笑い話にできた写真】

脊柱管狭窄症により腰の手術を3回経験されたお客様

脚の痺れが落ち着いてこられたので
姿勢の写真を撮って初回時と比較してみました。

この写真を一緒に見た瞬間に2人で思わず笑ってしまいました😂

痺れの原因が何なのかは、しっかり評価してもらうべき

そもそも65歳以上になると、多くの方が脊柱管が狭くなったりヘルニアを持っていると言われています。

しかし、痺れの症状がある方とない方いるのが事実です。

そして手術適応の方はほんの僅かしかいないのも事実です。

なぜなら、腰や股関節周りの筋肉が硬くなったことで、神経を圧迫して痺れが出ている方が多いからです。

つまり、筋肉の柔軟性や筋肉の滑走・神経の滑走を良くしていけば、痺れの症状が取れる可能性があります。

もちろん全ての方がそういう訳ではないですが、筋肉が原因であれば、手術しても痺れの症状は残ったままになってしまいます。

しっかりとした評価や施術で、症状が取れれば手術しなくて済む方は多くいらっしゃいます。

最後に

痛みや痺れが過去の笑い話にできて本当に嬉しかったです♪

最終的なゴールに向かってこれからもサポートさせて頂きます!

お悩みの方はお気軽にご相談ください♪

【やりたいことを諦めない身体を目指して】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA