体幹側面を伸ばす!ヒップクロスオーバー

こんにちは。

ウォークランプロジェクトの長倉です。

今回ご紹介するストレッチは「ヒップ・クロスオーバー」です。

これは、体幹の側面にある腹斜筋を伸ばすストレッチです。

この筋肉は普段あまり伸ばす機会がなく、硬くなりがちです。

お腹の筋肉といえば腹直筋が有名ですが、この腹斜筋も忘れてはいけません。

腹斜筋は斜めに走る筋肉でウエストのくびれに大きな影響を与えます。

意外と見落としがちなこの腹斜筋のストレッチを今回ご紹介いたします。

 

ヒップ・クロスオーバーのやり方

仰向けで両腕を真横に広げ、手の平を床面に置きます。

両脚を揃えて垂直に上げ、膝を90度に曲げます。(※この時上体は脱力します

上半身を固定し、腰から下半身をひねって両膝を倒します。

上側の大腿が床面と平行になるまでひねっていき、3秒静止します。

反対側にもひねっていきます。

上半身を固定したまま振り子のように左右交互に両脚を振ります。

ヒップ・クロスオーバーのポイント

1.息を吐きながら腹圧を高めて上体を床面に押し付ける

息を吐きながら腹部の深層に力を入れ、腹圧を高めることで背中を床面に押し付けることができます。

ヒップ・クロスオーバーの注意点

肩が床面から離れてしまうと、下半身と一緒に上半身も倒れて体幹のひねりが小さくなります。

上半身を動かさずに、両肩を床面につけたまま行うようにしましょう。

 

ダイエットに関する詳しい情報はこちらからどうぞ

https://peraichi.com/landing_pages/view/wrpk

 

公式LINE@始めました!アンケートに答えてプレゼントをゲットしましょう。

https://line.me/R/ti/p/%40qbm8011h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA