【膝痛の原因は背骨にあった?】元々の腰痛が原因で膝の痛みが出ていた方

「最近急に正座ができなくなった」
「歩き始めにも膝が痛い」

こちらのお客様はそんな体の異常を感じて来店していただいたお客様です。

もともと7~8年前に腰痛が出てこられたそうなのですが、騙し騙し生活されてきたそうです。

そんな中で、2〜3週前から腰だけでなく膝にも痛みが…。

すぐに病院受診をされたのですが、ヒアルロン酸注射やウォーターベッド、電気治療、痛み止めの内服を行なったのですが、痛みは一向に改善しない。

そんな状況で、「その場限りの方法でなく根本的に痛みを解消したい」そう思いホームページをご覧になって来店されました。

結果として1ヶ月程度の施術で、正座や歩き出しの時の痛みは全く無くなり、今では趣味のエアロビクスも楽しまれています。

この方の場合は、膝だけでなく腰痛から来る背骨の硬さも痛みの原因になっていたのでご説明いたします。

どんな治療をしましたか?

当店ではご来店いただいた全ての方に、これまでの怪我や痛みが無いかを確認しています。

この方の場合は、もともと腰痛があったとのことですので背骨の柔軟性をチェックしました。

なぜ背骨の柔軟性をチェックするのかと言うと、2つ理由があります。

背骨をチェックする理由

1:歩くときの衝撃の8割は背骨が吸収してくれているから

2:背骨が整っていると全身の力が出しやすい

ですので、背骨がうまく整っていないと「膝に負担がかかる」「膝を守る筋肉にも力が入らない」という状態になっちゃうんです。

困ったものですよね。

背骨の柔軟性のチェックにはその方に合わせて、いくつかテストを行います。

背骨のテスト1:パワーテスト

まずこんな感じでパワーテスト行います↓

これは何を見ているのかというと、背骨の関節が整っていると全身の筋力が発揮しやすくなるという「カラダの原則」があります。

ですので、このパワーテストが出来ているかどうかで背骨が整っているかどうかがわかります。

ちなみにこの動画の方はラグビーフランス代表のラバ・スリマニ選手。こんな屈強な男性でも背骨が整ってないとビフォーの様に後ろに倒れちゃいます。

(ちなみに施術後に背骨が整うと”マジ鉄壁”の強さでした^^;)

背骨のテスト2:胸椎の硬さをみるテスト

また背骨が硬いと歩くときの衝撃吸収がうまくいかないという話をしました。

特に現代人は胸椎という背中の骨が硬くなっている方がほとんどです。

ここを柔らかくするだけで、痛みがかなり変わってくるので必ずチェックするポイントです。

胸椎はこの様なテストで硬さをみることができます。

1.横向きでこの様な姿勢をとります

2.体を開いて手を床につけます

3.この時に膝が浮いていないかチェックします

この2点のテストを行ったところ両方とも「陽性」、つまり「柔軟性が落ちていますよ〜」という結果になりました。

膝裏の痛みの原因は筋肉の硬さだった?

次はいよいよ膝を見ていきます。

この方の痛みは左の膝裏にありましたが、膝裏は、筋肉や神経、血管が沢山重なっている大事なトコロ。

そして膝裏の痛みの原因で多いのは「重なった筋肉の動きが悪くなる」ということです。

この様にミルフィーユみたいに重なっている部分が硬くなると、噛み合わせの悪い歯車みたいな感じで膝の動きもギチギチになって痛くなってくるんですね。

こんな錆びついた膝になってませんか?

問題点を解消するには?具体的な施術内容

まず背骨の硬さに関しては、背骨の動きを良くする「コンディショニング」を行いました。

この方法は当店に来られた方には、必ず提供すると言ってもいいくらい効果的な施術です。

コンディショニングについてはこちらの動画を参照ください↓

続いて膝裏の筋肉が硬い部分には、まずマッサージで硬くなった筋肉を柔らかくして、筋肉を押さえたまま膝を曲げ伸ばしするなど正しい動きを引き出していきました。

膝裏の痛みの原因

背骨が硬い

膝裏の筋肉の動きが悪い

対象法

背骨が硬い
→背骨のコンディショニングで衝撃を吸収し膝の負担を減らす

膝裏の筋肉の動きが悪い
→筋肉と筋肉の間の動きが良くなる様にマッサージと正しい運動の学習

施術の結果は?

この2つのポイントを押さえて施術を行ったところ、初回の施術で正座ができる様になり、痛かった膝も多少違和感がある程度にまで改善しました。

その後、施術を受けたり自宅での練習を続けてもらうことで1ヶ月程度で膝の痛みが全く気にならなくなられました。

今では趣味のエアロビクスなど痛みがなく出来ておられ、さらにトレーニングでの健康づくりのサポートもさせていただいております。

ウォークランプロジェクトよりお客さんへの一言

長倉
膝の痛みは膝だけが原因ではないことが多いので全身をチェックすることが大事です。

仕事柄デスクワークがあると思いますので、同じ姿勢のとりっぱなしにならない様にこまめに体を動かしたり、家では背骨のストレッチを続けてくださいね。

いつまでも元気でやりたいことで出来るカラダ作りを続けて行きましょう!

自宅で簡単ストレッチ。背骨の硬さを取ろう!

デスクワークや家事などの同じ姿勢での仕事やストレスによって背骨、特に胸椎はガチガチな方が本当に多いです。

今回、背骨の柔らかさのテストに使った動きですが、自主ストレッチにも使えます。

カラダ全体がスッキリしますのでぜひ取り組んでみてくださいね!

手順

①右側の股関節・膝関節を直角に、左側は真っ直ぐ伸ばした横向きの姿勢となる
②手と頭と一緒に上半身をねじる
③深呼吸をしながら10秒3セット行う

①右側の股関節・膝関節を直角に、左側は真っ直ぐ伸ばした横向きの姿勢となる

②手と頭と一緒に上半身をねじる ③深呼吸をしながら10秒3セット行う

注意点

上半身をねじる際に直角にした膝が床面から離れないように注意する

腰痛があって難しい方は無理せず、痛みがない範囲で行ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA